2020年12月04日

11月のTNR報告

『群馬わんにゃんネットワーク』は、殺処分ゼロを目指す
公益財団法人どうぶつ基金の協働ボランティアです。
利用してTNRを行っており、チケットを利用し行った不妊手術費用
については、全額どうぶつ基金が負担しています。


毎月、猫の相談が50件ほど入ります。
今月もボランティアメンバーは、県内各地の現場に向かい、
TNRを実施しました。

どうぶつ基金様より団体枠チケット40枚発行していただき、
飼い主がいなくて、費用負担が誰も出来ない案件に使わせて
いただきました。
TNR報告ブログ12月3日@.jpeg

8CEFC23C-8589-4F65-BAEC-B7E0967CF367.jpeg

3EF995FA-01A2-44C1-AE37-646E3700479B.jpeg

TNR報告ブログ12月3日A.jpeg

TNR報告ブログ12月3日B.jpeg

TNR報告ブログ12月3日C.jpeg

高崎市では、TNRや地域猫を推奨していただけない為、
なかなか具体的な野良猫対策に結び付かず、あちこちで
猫が増えています。

今回の場所は、住宅地の空き家となっている家で
猫が増えているというご相談。

年に何度か猫が増えるけれど、しばらくすると減って、
また増えるの繰り返しだとのお話。

生まれても育つのはごく一部の子なんですね。

住宅地なので、まずは地域の区長さんにご相談し、
TNR活動の説明をさせていただいた上で、
地域の皆さんには捕獲日程を告知して取り組みました。

これでもうこの地域では猫が増える事は無いと思います。
高崎市民の皆様にも、ぜひTNR活動を知っていただきたいと思います。




posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 00:12| TNR報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

バニラ君、2回目のワクチンが終了!!

黄シャムのバニラ君、新しいおうちで無事に2回目のワクチンが済みました。
実は病院?ワクチン?が苦手で1回目は大暴れしましたが
2回目は割とおとなしく、おりこうさんだったそうです。
20201125_134909.jpg

元気でよく遊び、背後からムササビのように飛んできて
肩に乗るそうです。
激しすぎ(>_<)

20201031_184053.jpg
あとは噛み癖が落ち着けば最高なんだけど・・・
それはまだまだ先かな?


posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 19:36| 幸せになった子のお便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

多頭飼育A

これまで関わった多頭飼育、現在対応中の多頭飼育、
数えてみたら、飼い主に避妊去勢をどう頑張っても
同意させる事が出来なかった2件を含めて、70件超えでした。

今月も、犬と猫の多頭飼育の対応が数件。

多頭飼育飼い主の言葉

・産まれても共食いして跡形も無くなるから増えないから大丈夫.
・メスがオスに産まれた子猫を差し出すんですよ。
・ケージで出産させたら、オスが入り込んでみんな赤ちゃん食べちゃった。
・産まれても頭だけ食べられて死ぬのは可哀想だから、俺がちゃんと殺してる。
・(酷い風邪でも、糞尿にまみれていても、痩せ細っていても)猫は家族だから、
   絶対手放さない。
・オスから少しずつ去勢しているから、メスは避妊しなくて大丈夫。

クラクラするような言葉を聞きながら、
根気よく飼い主を説得していかなければならないのが、
多頭飼育現場。

何とか全頭お預かりして、避妊去勢に連れて来て良く見ると。。。。。

爪が伸び放題で、肉球に刺さりそうな子
F9E11242-A493-46BB-A11D-F88FB4EB1464.jpeg
汚い場所で、下半身が細菌感染で真っ赤になっている子
42F73EAF-1C55-49D9-96B8-FF7F6EF2F520.jpeg 
ADB21724-1FD2-4505-A872-53BE1B5BFEDC.jpeg
手入れされず、排泄物がこびり付いている子
9BA0B57B-199F-4DFC-8E78-96E44B3D888A.jpeg
ギリギリで命を繋いでいた子
9940220F-F2D8-40F0-B7BE-510FFEC41EC8.jpeg
感染症の蔓延しているコロニー
771DB84D-C5CE-471E-B906-67ECCD5E9642.jpeg
ひどい口内炎を放置されている子
26E8CAD0-DBB7-4981-8739-F6FBBB192AF1.jpeg
血尿を放置されている子
EA12C3A4-48E8-4794-8954-B1C7E71F1C6B.jpeg
本当なら、全頭引き取って、綺麗な寝床で綺麗なトイレで、
美味しいご飯をお腹いっぱい食べさせてあげたいですが、数も多すぎ、
飼い主も渋々避妊去勢に同意して、必ず返す約束なので、
戻すしかない現場がほとんどです。

出来る限りの治療とフードの支援を続けて行きます。

皆様からのご寄付のおかげで、不幸な命を生み出さない活動が出来ています。
心より感謝申し上げます。

群馬わんにゃんネットワーク
理事長 飯田有紀子

posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 21:52| ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする