2019年10月09日

《閲覧注意》  ※悲惨な画像が含まれますのでご注意ください。

『里親募集をして欲しい』と相談を受け、訪問した北毛地域のあるお宅で、

たくさんの猫の遺体を発見しました。

世話をしていた男性が、猫を複数の場所に閉じ込め、

意図的に餌も水も与えなかった。
IMG_3712.JPG

IMG_3711.JPG


その男性は現在行方不明です。

多頭飼育の悲惨な現場は、何度となく見てきたけれど、

ここは、多頭飼育の悲惨さとは全く違っています。

『生きたい、生きたい』と必死で頑張っていたこの子たちの思いが、

空間に渦巻いて、壁に、床に、無念の思いが染みついている感じ。

どれだけ人が来るのを待っていただろうか…

部屋から出ようとしたのでしょう…

あちこちに爪の跡が無数にあります。
IMG_3714.JPG

IMG_3715.JPG


ボランティアが言いました。

『この子達、みんなご飯の容器の周りで亡くなってるんです。』


IMG_3713.JPG


ごめんね…

来るのが遅くて。

まだ泣かない…

必ず犯人を見つけ出すから。


NPO法人群馬わんにゃんネットワーク
理事長 飯田有紀子
posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 08:52| おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

すみれについて

皆さまには、日頃から群馬わんにゃんネットワークへ温かいご支援をいただき


ボランティア一同感謝申し上げます。


事故で手足を失った柴犬すみれについては、全国からご声援を賜り、


応援していただきありがとうございました。


すみれも預かり母さんの元で、元気に呑気に平和に暮らしておりました。


sumire35.jpg


しかし、悲しいお知らせをしなくてはならなくなりました。


すみれは、10月2日に永眠いたしました。


9月11日より体調を崩し、治療を重ねておりましたが、願い届かず息を引き取りました。


まだボランティア一同、悲しみの中におりますが、


すみれを思い支えてくださった皆さまにご報告と共に心からお礼を申し上げます。


すみれの前向きさ、頑張り、素敵な笑顔に励まされたのは、


私たちボランティアの方でした。


悲しんでばかりいるとすみれが心配するので、


みんなでまた前に進んで行きたいと思っています。


すみれは、今は自由に4本足で走り回っているでしょうか…。


皆さま、すみれへのご声援、本当にありがとうございました。



NPO法人群馬わんにゃんネットワーク

理事長 飯田有紀子


sumire37.jpg

sumire38.jpg

sumire33.jpg

sumire34.jpg

sumire32.jpg

sumire36.jpg

すみれ 2017.9.3.JPG

すみれ 2019.2.3.JPG

たくさんのおうえん、ありがとうございました。

またあおうね。

すみれ.jpg
posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 10:30| Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

あんみつちゃん


あんみつちゃんの近況が届きました

IMG_5132.JPG
可愛らしくて美しいお姿
三つ指ついてお出迎えでしょうか(o^―^o)


IMG_5131.JPG
ルー君とも仲良し💛


先生!
あんみつは元気です(=^・^=)
たくさん愛されて楽しく暮らして居ます
IMG_5130.JPG

ほ〜んとッ
楽しそうなお顔ですね





posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 00:00| 幸せになった子のお便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする