2022年11月05日

高崎市 180匹多頭飼育崩壊について

高崎市 180匹多頭飼育崩壊について
ご支援くださいました皆様

Instagramにて随時
状況のご報告をしておりますので
ぜひご覧ください。


posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 22:39| ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月20日

東毛地区多頭飼育崩壊報告とお礼

今回、手術費用にご支援下さいました皆様に
心よりお礼を申し上げます。

ご支援総額 696,900円(46件)

手術総額  636,790円
6.jpg
差額は多頭飼育現場へのフード・猫砂の支援に使わせていただきます。

皆様のご支援に支えられて
完了することが出来ました。
この現場に居る猫達は、もう増えることはありません。
まだ若い猫ばかりですので
出来る限り里親探しをしていきたいと思います。

今回、緊急の保護要請にご対応下さった団体様、
個人のボランティア様にも
厚くお礼申し上げます。

東京犬猫日和様
NPO法人SPA様
東京都 hogonekolife様
群馬県 M様 S様

手術前の猫の総数82匹
手術数68匹
飼い主に戻した猫の数63匹

4月22日現在 58匹
5月8日現在 46匹
順次他団体様のご協力も頂きながら
引き出ししております。

手術が終わったことで飼い主さんも少し安心されたようで
環境を整えたり、しっかりご飯とお水を与えて下さったりと
猫達の状態は確実に良くなって行っています。
IMG_4857.JPG

3.png

5.jpg

1.png

2.png


2018年に1匹のメス猫を譲り受けたところから始まったという
この多頭飼育崩壊。
やはり発覚のきっかけは、第三者からの通報でした。

猫の多頭飼育は なかなか早期発見が難しく
本人に避妊去勢の意思がないため
表面化しないという大きな問題があります。
私たち愛護団体が介入したときには
飼い主さんの衣食住も崩壊していることが多いです。

せめて二桁に増えた段階で対応できれば
と毎回思います。


猫には何の罪もありません。
ただ、必死で生きているだけです。


引き続き、猫と飼い主さんのフォローはしていきます。
ボランティア一同、ご支援下さいました皆様に
心よりお礼申し上げます。


NPO法人群馬わんにゃんネットワーク


posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 17:20| ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月29日

青森愛犬美容専門学院の皆様

群馬県から離れた北側、青森県から今年も物資のご寄付をたくさん頂きました。

青森愛犬美容専門学院の皆様より

・BOXティッシュ 5個
・トイレットペーパー 10巻
・タオル 大5枚 小5枚
・ウェットティッシュ
・猫砂 4袋
・猫用フード ピュリナ 避妊・子猫・インドア各1袋
・猫用ミルク 2缶
・猫用缶詰 黒缶等22缶
・猫用パウチ カルカン等33袋
・猫用おやつ
・うんち袋 200枚入1箱
・ペットシーツ スーパーワイド厚型2袋
・捕獲器 1ケ

IMG-7944.JPG

たくさんの支援物資の箱の中に、とても暖かいメッセージと素敵な絵も同封してくださいました。

IMG-7942.JPG

IMG-7943.JPG

同封させて頂きましたイラストは、生徒さんたちが保護っこさん達や皆様へ心を込めて描いてくれました。
少しでも明日の活力になれたら嬉しいです。
群馬わんにゃんネットワーク様のブログへの掲載につきましても、ご迷惑でなければ宜しくお願い致します。
きっとこれからの動物愛護活動への励みになると思います。

動物たちの生きる社会が温かく豊かなものになりますよう、私達も微力ではございますが、できる事を精一杯
取り組んで参りたいと思います。


青森愛犬美容専門学院の皆様、大変ありがとうございました。
ボランティアが活動する必要のない社会を目指して、引き続き群馬わんにゃんネットワーク一同
頑張ってまいります。

NPO法人 群馬わんにゃんネットワーク
posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 16:00| ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする