2020年11月26日

多頭飼育A

これまで関わった多頭飼育、現在対応中の多頭飼育、
数えてみたら、飼い主に避妊去勢をどう頑張っても
同意させる事が出来なかった2件を含めて、70件超えでした。

今月も、犬と猫の多頭飼育の対応が数件。

多頭飼育飼い主の言葉

・産まれても共食いして跡形も無くなるから増えないから大丈夫.
・メスがオスに産まれた子猫を差し出すんですよ。
・ケージで出産させたら、オスが入り込んでみんな赤ちゃん食べちゃった。
・産まれても頭だけ食べられて死ぬのは可哀想だから、俺がちゃんと殺してる。
・(酷い風邪でも、糞尿にまみれていても、痩せ細っていても)猫は家族だから、
   絶対手放さない。
・オスから少しずつ去勢しているから、メスは避妊しなくて大丈夫。

クラクラするような言葉を聞きながら、
根気よく飼い主を説得していかなければならないのが、
多頭飼育現場。

何とか全頭お預かりして、避妊去勢に連れて来て良く見ると。。。。。

爪が伸び放題で、肉球に刺さりそうな子
F9E11242-A493-46BB-A11D-F88FB4EB1464.jpeg
汚い場所で、下半身が細菌感染で真っ赤になっている子
42F73EAF-1C55-49D9-96B8-FF7F6EF2F520.jpeg 
ADB21724-1FD2-4505-A872-53BE1B5BFEDC.jpeg
手入れされず、排泄物がこびり付いている子
9BA0B57B-199F-4DFC-8E78-96E44B3D888A.jpeg
ギリギリで命を繋いでいた子
9940220F-F2D8-40F0-B7BE-510FFEC41EC8.jpeg
感染症の蔓延しているコロニー
771DB84D-C5CE-471E-B906-67ECCD5E9642.jpeg
ひどい口内炎を放置されている子
26E8CAD0-DBB7-4981-8739-F6FBBB192AF1.jpeg
血尿を放置されている子
EA12C3A4-48E8-4794-8954-B1C7E71F1C6B.jpeg
本当なら、全頭引き取って、綺麗な寝床で綺麗なトイレで、
美味しいご飯をお腹いっぱい食べさせてあげたいですが、数も多すぎ、
飼い主も渋々避妊去勢に同意して、必ず返す約束なので、
戻すしかない現場がほとんどです。

出来る限りの治療とフードの支援を続けて行きます。

皆様からのご寄付のおかげで、不幸な命を生み出さない活動が出来ています。
心より感謝申し上げます。

群馬わんにゃんネットワーク
理事長 飯田有紀子

posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 21:52| ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

多頭飼育@

日に日に冷え込みが増し
冬の足音が聞こえて来ます。

この春、野良猫として生まれて、
初めての冬を迎える若い猫たちが、
無事に寒さを乗り越えられますように。

年老いて、病と戦っている大人猫が春風を感じられますように。

冬の寒さが猫たちに優しいものでありますようにと、
オリオン座に願う事しか出来ません。

せめて避妊去勢をして、ワクチンを打ってあげたいと
メンバー一同TNRを頑張っています。

そんな野良猫さえ、自由がある分幸せに見えてしまうのが、
多頭飼育崩壊現場の猫達です。
毎月、2〜3件の多頭飼育崩壊現場を抱えている
信じられない活動が続いています。

こちらは真夏の多頭飼育現場。
6729480E-C595-41ED-9509-ED62442F9D95.jpeg
猫の数は25匹ほどで多くはありませんが、
とにかくゴミの山、排泄物に虫。
16658E80-045E-4A08-B239-6DDFFE6CB038.jpeg
他界した母親が増やしてしまった猫とゴミを、何とかしようとあがいても、
新型コロナの影響もあり、疲れ果ててしまった若い2人。

まずはゴミの山から猫を捕獲
C6F2C217-B167-4842-84AC-EA1689A56418.jpeg 
53023522-39DE-4ED5-B1CE-3519BD196B73.jpeg
全頭避妊去勢と健康診断。
あまりにも悲惨な環境で、猫たちが不憫で不憫で、戻せない〜😭
そこで、真夏の片付け、リフォームを敢行‼️

避妊去勢は、皆様から頂いたご寄付を使わせていただきました。
本当にありがとうございました。

片付けは、素人のボランティアではとても出来るレベルでは無く、
専門業者さんに依頼。
371D6C3D-5A1A-44AA-A451-EB6A9029E983.jpeg 
資金の足りない分は、メンバーのカンパで何とか猫たちに
快適な環境を作ってあげることが出来ました〜。

5127B293-6C9B-4D3B-A22A-C9EA1864F8AF.jpeg
FA824F5C-966D-4FD4-865C-71E92B7A5ADB.jpeg

これからは、ゴミを溜めない事。
ゴミ捨てにちゃんと行く事。
猫のトイレをきれいに保つ事。
どうしても困った時は、頼ってくる事。
を約束。

若い2人と猫たちが、何とか元気で生きていってくれますように。

群馬わんにゃんネットワークは、全員がボランティアです。
いただいたご寄付は、全て犬や猫の為に使っています。
皆さまのご支援のおかげで、快適に暮らせる犬や猫がいます。
ご支援本当にありがとうございます。

※相談者の許可をもらい掲載しています。

群馬わんにゃんネットワーク
理事長 飯田有紀子

posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 20:49| ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

みなかみ町猫虐待犯の処分が決まりました

この案件について、嘆願書、ネット署名にご協力くださった多くの皆様、
拡散してくださった団体、個人の皆様に心からお礼を申し上げます。

皆様からいただいた署名は、前橋地方検察庁に届けてあります。
直接前橋地方検察庁に嘆願書を送ってくださった皆様、感謝いたします。

7月28日に犯人の処分が決まりました。

略式起訴
罰金10万円

あまりの処分の軽さに、全身の力が抜けました。これまでの動物虐待の判例と比べても、
かなり軽い判決となってしまいました。
皆さまは、この判決をどうお感じになりますか?

あの子達の叫びは、司法には届かなかった。
動物愛護の高まりとは裏腹な現実を突き付けられました。

新型コロナ感染拡大の日本ですが、ステイホームによって、家族の絆を改めて感じ、
犬や猫の存在もいかに大切か?を実感する方が増えていると感じる昨今。
まだまだ、司法の世界では、動物は「物」なのですね。
このギャップを埋めていくのは、私たちの使命だと、
思いを新たにしました。

100歩下がって考えれば、
私たちがご遺体を見つけなければ、あの子達は誰かが片付けて、
何も無かったように、ゴミに出されていたのでしょう。
犯人はこのまま逃げて、捕まらないかもしれないと、絶望した時もありましたが、逮捕に至ったことは、
群馬県警、沼田警察署の捜査関係者の皆様へは、感謝の言葉しかありません。

動物虐待については、犯人を逮捕して罰を与えれば良いものでは無く、
発生させない為の、抑止力が必要であり、動物虐待の定義が整っていない日本では、
今は法の裁きが大きな抑止力です。

多くのボランティア団体や個人が、動物虐待は犯罪であり、許されない行為であると、地道に草の根的に積み上げて来た努力が、
この判決で全て崩された感さえあります。
まだまだ頑張らなければ。

ご賛同、ご声援いただいた皆様、
本当にありがとうございました。

posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 15:18| ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする