2020年09月03日

8月のTNR報告

群馬わんにゃんネットワーク』は、殺処分0を目指す
公益財団法人どうぶつ基金の協働ボランティアです。
利用してTNRを行っており、チケットを利用し行った不妊手術費用
については全額どうぶつ基金が負担しています。


今年は、
「母猫が子猫を連れて来た」
と言う内容のご相談がとても多いです。
8月TNR報告ブログ20・9・3B.jpeg
そのような場合の理想的な対応策としては、
子猫は、保護して里親探し。
母猫は、避妊手術をしてあげて、さくら猫にして、
地域で見守る。
8月TNR報告ブログ20・9・3@.JPG
ですが、

実際は、保護も里親探しも、かなりの時間と努力が必要で、
全て対応する事は不可能です。

子猫がまだ小さい時に、母猫だけ捕獲して避妊手術をする場合は、
母猫が留守の間、子猫の安全が確保されなければなりません。

母猫の庇護がなくなった子猫は、とたんに命の危険にさらされます。
カラス
ヘビ
ハクビシン
アライグマ
などが狙ってきます。
母猫を探して、車道に出てきてしまうかもしれません。

子猫の安全が確保されない場合は、
先ずは、母猫には安心してゆっくり子育てが出来る環境を整えて、
子猫が3ヶ月くらいになったら、親子共々一斉にTNRをします。

今回は、育った子猫とお母さんも何組がやってきました。
8月TNR報告ブログ20・9・3A.jpeg

8月TNR報告ブログ20・9・3C.jpeg
親子で平和に健康に暮らして行けますようにと願いながら、
リターンしました。

posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 10:17| TNR報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

7月のTNR報告

『群馬わんにゃんネットワーク』は、殺処分ゼロを目指す
公益財団法人どうぶつ基金の協働ボランティアです。
を利用してTNRを行っており、チケットを利用して行った
不妊手術費用については全額どうぶつ基金が負担しました。


ここは、群馬県内のある施設の駐車場。
猫がたくさんいて、子猫も生まれているというご相談を受けて
TNRを実施しました。
施設の管理者の方にご挨拶し、捕獲器設置とTNRの許可を
いただきましたが、駐車場内には猫の排泄物があちこちにあり、
猫の遺体も良くある…とのお話し。

8月3日GブログB.jpeg
この場所について相談して来た方は、
SNSで猫の写真や、居場所が公開されていて『子猫、誰かもらって』と
呼びかけられている事に危機感を持ち、他県から駆け付けてくださいました。

善意だとしても、
皆さん、猫の居場所をSNSで絶対に公開しないでください。
そこに捨てにくる人、虐待目的で猫を捕獲にくる人がやって来るんです❗❗

避妊去勢手術が済んだ印に、耳を少しカットして、
さくら猫になった子達、穏やかに暮らしていけますように。
8月3日GブログC.jpeg




posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 22:04| TNR報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

6月のTNR報告

『群馬わんにゃんネットワーク』は、殺処分ゼロを目指す
公益財団法人どうぶつ基金の協働ボランティアです。
を利用してTNRを行っており、チケットを利用して行った
不妊手術費用については全額どうぶつ基金が負担しました。


ここは、空き家になってしまった家。
かつては、暖かい光が漏れ、家族の笑い声が聞こえていたでしょう。
image2.jpeg
今は、猫だけが取り残されています。

空き家にご飯だけを運ぶ人がいて、猫達は、繁殖を続けています。
image1.jpeg

最後まで命に責任が持てないならどうぶつを飼うべきではないと思います。
お腹を空かせた猫にご飯をあげる事は素晴らしい事ですが、
避妊去勢をしなければ、不幸な命を生み出すだけです。

image0.jpeg
無事に避妊去勢が終わり、耳先をカットした『さくら猫』になった猫は、
地域で見守られ、一代限りの命をここで生きていきます。

頑張れ、さくら猫‼


NPO法人群馬わんにゃんネットワーク
理事長 飯田有紀子
posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 09:22| TNR報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする