2021年04月05日

3月のさくら猫報告


『群馬わんにゃんネットワーク』は、殺処分ゼロを目指す

公益財団法人どうぶつ基金の協働ボランティアです。

どうぶつ基金が発行する『さくら猫TNR無料不妊手術チケット』を

利用してTNRを行っており、チケットを利用し行った不妊手術費用

については、全額どうぶつ基金が負担しています。



今月、どうぶつ基金の手術無料チケットを使わせていただき、

TNRしたのは、ある住宅地。


区画整理された綺麗な戸建てが立ち並ぶ住宅地に、

野良猫が、あっちもこっちも。


DFFB72AA-1334-493B-8922-AA73633CCE5D.jpeg 638DBCAF-BED2-4AF4-857D-B28E5BB1BCAC.jpeg

まずは役場の環境課に相談してみましたが、

「何も出来ません」という

ま、予想通りのお返事。


現地を回ってみると、

かなりの野良猫がいるので、どうぶつ基金の手術無料チケットが、

本当に有り難い😭


地域の自治会町さんにお話しをして、

野良猫TNRの許可をいただき、

TNRお知らせチラシのポスティング。


捕獲の日には、お散歩の住民の皆さんから

暖かく言葉をかけていただいたり、

差し入れをいただいたり、

良い町だなぁ😭


『野良猫が増えて困っていたの。

でも、みんな動物は好きだから、

我慢していたの。本当にありがとう。』

という言葉が胸に染みます。

06165EAB-BA48-451F-86CB-E31E518D8A2A.jpeg FF3FB5F3-44CE-4456-9823-2B201E1F9A0F.jpeg


野良猫に餌を与えるから増えるのではありません。

避妊去勢しないから増えるのです‼️


この町でも、さくら猫が暖かく見守っていただけると良いなぁ。


群馬わんにゃんネットワーク

理事長 飯田有紀子



posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 00:15| TNR報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

2月のTNR報告 〜猫を殺したのは誰なのか〜

『群馬わんにゃんネットワーク』は、殺処分ゼロを目指す

公益財団法人どうぶつ基金の協働ボランティアです。

どうぶつ基金が発行する『さくら猫TNR無料不妊手術チケット』を

利用してTNRを行っており、チケットを利用し行った不妊手術費用

については、全額どうぶつ基金が負担しています。


2月は25枚の団体チケットを発行していただき、

高崎市内のある地区のTNRを行いました。


現地調査をしていく中で、

この場所の猫は、以前増えすぎて苦情が出てしまい、

餌やりが自らの手で猫を捕まえて

殺処分に出していた事を聞きました。

その時、殺処分された猫は9匹。


1匹だけどうしても捕まらない猫がいて、

その猫を置いたまま、餌やりは引っ越してしまいました。


しかし、餌やりは引っ越し先から夜な夜なここに通い、

餌やりだけを続け、捕まらなかった1匹はメスだった為、

またまた猫が20匹近くに増えてしまいました。

E1D58528-88BE-4DA8-80D3-DC4F3A86D803.jpeg 

9E2F4242-21ED-442F-ADC4-BC53B250EFD5.jpeg

今回は、地域の皆さんが、殺処分しない方法をと、団体に相談があり、

TNRを実施。

183B27F2-3D30-4B95-B24B-071DDF80B6D9.jpeg

※撮影の為に一時的にカバーを外しています。

高崎市の職員にここでも言わせてもらいます。

殺さずに猫の問題を解決出来る方法があるのです。

何度訴えれば、わかってもらえますか?


殺処分された9匹は、無駄死にです。

生きていけた子達なのに。

他にも同じように、

殺処分したけれど、また増えている地区が高崎市にはあります。


猫を殺したのは、誰?



群馬わんにゃんネットワーク

理事長 飯田有紀子



posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 22:55| TNR報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

1月のTNR報告

『群馬わんにゃんネットワーク』は、殺処分ゼロを目指す

公益財団法人どうぶつ基金の協働ボランティアです。

どうぶつ基金が発行する『さくら猫TNR無料不妊手術チケット』を

利用してTNRを行っており、チケットを利用し行った不妊手術費用

については、全額どうぶつ基金が負担しています。



”庭先で猫にご飯あげていたら
10匹以上に増えちゃって、ご近所から苦情が来たの。みんな野良猫よ。“
9D481408-0340-4095-B3FE-2C9B74869CF0.jpeg 2056E78A-3434-4F19-BD3B-897245CB18C0.jpeg
毎日ご飯あげて、寝床も置いてるけど
うちの猫じゃ無いの。
どこかで生まれてうちに来る可哀想な猫に
もう10年以上ご飯をあげているだけ。“
48182567-19DC-4494-AF37-82CF51EDC710.jpeg 
『それは、あなたの猫ですよ。』
と大声で言いたいけれど、
このまま見過ごしてしまうと
春には3倍に。

そんな時、どうぶつ基金様からの手術無料チケットがどれだけ心強いか。
皆さまのご支援に感謝致します。
BE6A0EFD-B026-45D7-ACA8-88994C9DFF4A.jpeg 1F53180C-078C-46F4-8BA2-1C5698FF6463.jpeg
1月の後半のTNRでは、もう妊娠している子が居ました。
本格的な出産シーズンが始まる前に
1匹でも多く避妊去勢を。
0267699D-4402-4B42-9993-3272234E65CC.jpeg 53F37BEF-BD9D-4894-8578-689E6206E289.jpeg
避妊去勢したら猫たちは、みんな耳の先をカットして
『さくら猫』になっています。
1代限りの命をどうか見守ってください。
きっと、さくら猫を見ると気持ちがほっこりするはずです。

群馬わんにゃんネットワーク
理事長 飯田有紀子
posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 15:47| TNR報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする