2018年10月17日

わんこ下山作戦へ 〜ご協力のお願い〜

9月27日の記事で少しお知らせしておりました


次の猫多頭飼育崩壊寸前の場所にキャットフードを届けながら、


全頭の避妊去勢、治療に向けて準備をしていましたが、


犬達も、劣悪な環境で、食餌も十分に与えられず、


草木が生い茂り、陽もあまり当たらない山の中に


放置されている事が判りました。

大岩10月14日B.jpeg


大岩犬10月14日F.JPG


大岩犬10月14日G.JPG


大岩犬10月14日H.JPG


大岩犬10月14日I.JPG


大岩犬10月14日K.JPG


雨風がしのげるきちんとした犬小屋さえなく、


ゆっくりと身体を休める事も出来るとは思えません。


敷地は広いので、山の中のわんこ達を何とか下に移動して、


お世話がしやすい環境を作りたいと思います。


今は、飼い主の住まいから犬の居場所まで山道を15分登らなければ辿り着けません。

大岩10月14日A.jpeg


夏は、暑く虫だらけ、冬は、寒い山の奥で、


離れ離れに短い鎖で繋がれて生きてきたこの子達…


雪が降る前に少しでも良い環境を整えたいと思います。



25匹の猫たちは、10月26日に全頭避妊去勢と治療予定です。


皆さまに緊急のお願いです。


ドッグフード(募集中)


キャットフード(募集中)


頑丈な犬小屋
※犬小屋は、目標数を確保する事が出来ました。
ご協力いただいたみなさまありがとうございました。

のご寄付を募集致します。


わんこ達は、中型以上の大きさなので、


大きめでしっかりした作りの犬小屋をお持ちの方、


ご協力をお願い致します。


中古品でも構いませんが、


プラスチック製のものは、犬が噛むと危険なので、


今回は外させていただきます。


最低10個必要です。


ご協力いただける方は、お手数ですが、


『お問い合わせ』までご連絡ください。 →こちら



NPO法人群馬わんにゃんネットワーク


理事長 飯田有紀子

posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 18:20| Comment(0) | お願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: