2015年11月10日

お母さんが幸せになる番

黒白の玲七さん
rena3.jpg
お鼻の周りのブチ模様がチャームポイント

玲七さんは、自分の子供達と一緒にキャリーに入れられ、公園に捨てられていました。
明らかに飼い猫。
子供を産んでしまったから、飼い主は育てられないと判断してゴミ同然に玲七さんと子供たちを捨てたのでしょう。

子猫は保健所から新しい家族に迎えられました。
残った玲七さんが殺処分されるのを黙って見ていられず、あるボランティアが預かりを申し出てくれました。

玲七さんはまだ若いので順応性も高く、新しいおうちでリラックスして色々なポーズを見せてくれています。
rena7.jpg


寝転がっても可愛いお顔
rena2.jpg


玲七さんへのお申込みはNPO法人群馬わんにゃんネットワークよりお願い致します。

posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 15:00| 家族募集中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする