2022年04月05日

3月のさくら猫報告

群馬わんにゃんネットワーク』は、殺処分ゼロを目指す

公益財団法人どうぶつ基金の協働ボランティアです。

どうぶつ基金が発行する『さくら猫TNR無料不妊手術チケット』を

利用してTNRを行っており、チケットを利用し行った不妊手術費用

については、全額どうぶつ基金が負担しています。


猫の妊娠期間は60

年に23回出産

繁殖力がとにかく強い。

29BC57A8-381B-4626-93FA-2DEDFF9DF579.jpeg

冬の間、幸いな事に子猫が産まれることは

とても少なく

ボランティアは、TNRに専念出来ます。

A8BE826B-F3ED-400F-BA16-BFD52F27C2D5.jpeg

E8D6C0BC-E543-45B8-8B5A-34904AB5C959.jpeg

が、既に今年は猫の出産が始まっており

さくら猫になった多くの雌猫が

妊娠していました。

04898D4E-8CC6-4321-B3BE-D01E9C1A1DE8.jpeg

C5CECA3E-FD0C-4F17-A1AA-B670969A7663.jpeg

98811C60-C5AF-4FB3-BF4C-5FDC40B88DC0.jpeg

妊娠する前に避妊去勢を済ませていれば

雌猫の体の負担も小さく

オスも発情期の衝動で喧嘩をしたり

道路に飛び出して轢かれる事も無いのに。


多頭飼育で避妊去勢していないお宅は

この春間違いなく

多頭飼育崩壊になります。


野良猫の避妊去勢手術のご予約はこちらへ

https://ameblo.jp/team-nsz/


2021年どうぶつ基金無料無料不妊手術チケットを利用した

野良猫の避妊去勢実施数、最多利用団体として感謝状をいただきました。


群馬わんにゃんネットワーク

理事長 飯田有紀子


posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 00:05| TNR報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする