2021年06月07日

5月のさくら猫報告

群馬わんにゃんネットワーク』は、殺処分ゼロを目指す

公益財団法人どうぶつ基金の協働ボランティアです。

どうぶつ基金が発行する『さくら猫TNR無料不妊手術チケット』を

利用してTNRを行っており、チケットを利用し行った不妊手術費用

については、全額どうぶつ基金が負担しています。



5月も県内あちこちでさくら猫が誕生しました。

そのうち31匹はどうぶつ基金様の無料手術チケットを使わせていただきました。


繁華街では、野良猫がどんどん増えていて、

1地区やりだしたら、隣の地区も、その隣りの地区も猫だらけ。

もっとも猫には町や地区なんて関係無いので、

路地を走り抜けて、あちこちにコロニーがあり、

そして餌をあげるだけの人もたくさん😭


地区を跨ぐと、それぞれの区長さんの許可も得て、

捕獲する地主さんにも許可を得て、

と、下準備に時間と注意が必要となります。


繁華街は、飲食店やそのお客さんが餌をあげている事も多く、

住んでいる人との温度差もあり、

TNRがとにかく難しいと感じます。

9FC7F73F-36A7-45AB-99EE-1EB558D0FF72.jpeg

062E8D03-19D3-4841-8905-140ABEAA612B.jpeg

45D9E4C3-E782-4CC9-83BE-52E450AF982B.jpeg

でも、産まれていた子猫が、数日後に行った時は全滅している事も多く、

産ませない活動、TNRが本当に必要だと感じます。

自治体の理解があればなぁ。。。

47A66798-111B-41AF-8A45-3ECB56493EC4.jpeg

941779AF-2592-4C79-8335-9806F3CD70B6.jpeg


頑張って生き残ってさくら猫になった子達の命が輝きますように。

さくら猫は一代限りの命です。

どうか地域で温かく見守ってください。


群馬わんにゃんネットワーク

理事長 飯田有紀子

posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 12:32| TNR報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする