2020年10月04日

9月のTNR報告

群馬わんにゃんネットワーク』は、殺処分0を目指す
公益財団法人どうぶつ基金の協働ボランティアです。
利用してTNRを行っており、チケットを利用し行った不妊手術費用
については全額どうぶつ基金が負担しています。


群馬わんにゃんネットワークに、毎月50件ほど入る相談は、
ほとんどが猫の相談です。

『庭で猫に餌やりをしていたら増えてしまった、引き取ってほしい。』

『会社に猫が子連れで住み着いた、保護してもらえないか?』

『うちでは飼えないのに拾ってしまった。』

などなど。
全てを保護してあげる事は到底出来ない数です。


保護から、TNRへ


発想の転換をしていく必要があります。

TNRとは →こちら

飼い主のいない猫を見つけたら、TNR。
それが当たり前の群馬県になって欲しい。

さくら猫達が、温かく見守られる群馬県になって欲しい。

お外で暮らす猫がいない群馬県になって欲しい。
9月TNR報告ブログ@.JPG

9月TNR報告ブログC.JPG

9月TNR報告ブログA.JPG

9月TNR報告ブログB.JPG
9月も群馬県でたくさんのさくら猫が誕生しました。
30匹は、どうぶつ基金の無料不妊手術チケットを
使わせていただきました。



posted by 群馬わんにゃんネットワーク at 20:32| TNR報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする